がん治療について

現在、動物に対して行えるがん治療は、外科的切除、化学療法(抗癌剤投与)、放射線療法、免疫療法があります。

癌の種類により治療方法は変わってきます。

当院では、動物の悪性腫瘍に対して外科的切除、化学療法(抗癌剤)治療を行い、放射線治療、免疫療法が適応の場合は大学病院などの二次診療施設を紹介しています。

がんの根治を考える際、第一選択はあくまで外科的完全切除であると考えます。

しかしながら、現実には発見した時点で転移や播種をきたした進行症例がしばしば見受けられます。

その場合には、抗癌剤を含む全身治療が必要となりますが、海外では効果が証明されているのに日本国内では入手が困難な抗癌剤がいくつかあります。

当院では、このような抗癌剤を正式な手続きを経た上で海外より個人輸入を行なっています。


海外輸入医薬品例


ロムスチン:主に悪性リンパ腫や組織球肉腫に適応。経口投与の抗癌剤


イマチニブ:分子標的薬、c-kit遺伝子変異陽性の肥満細胞腫に適応。

※犬の肥満細胞腫の場合、治療の第1選択は(切除可能な場合は)外科切除になります。

 切除後の病理組織グレードにより化学療法の併用が必要かどうかを判断します。


サリドマイド:血管新生阻害薬、犬の多発性骨髄腫に適応

※当院はSMUD(*1)登録動物病院です。

 当院はサリドマイドをエビデンスのない症例に投与することを推奨しません。

 サリドマイドの個人輸入は1症例ごとに厚生省に認可を申請するため入手には

 時間がかかります。


(*1)SMUD(スマッド)は、厚生労働省からの請負によってNPO医薬品安全性研究ユニット(DSRU Japan)内に置かれたSMUD事務局によって実施されるサリドマイドの安全性の確認に資することを目的とした使用登録システムです。